株式会社 オーミ

高張力鋼板(ハイテン材)の難加工成形。自動車部品金型の設計・製作・試作-株式会社オーミ

 

弊社は2004年3月ISO9001:2000を認証取得致しました。
弊社は2004年3月
ISO9001:2000を認証取得致しました。
HOME»  事業内容

事業内容

弊社では、高張力鋼板(ハイテン材)の難加工成形、自動車部品金型の設計・製作・試作などを主にお客様へご提供しております。
設計のみ、試作加工のみでも対応可能です、まずはお気軽にご相談ください。
また、新規事業では自社製品やウォータージェットロボットシステムの開発などにも積極的に取り組んでおります。


>>新規事業についてはコチラ

 

高張力鋼板の塑性加工-難加工成形

近年、環境に配慮し燃費の良い車を開発する為、ボディの軽量化が計られている自動車産業。
中でも、センターピラーやルーフなど自動車部品の高張力鋼板(ハイテン材)の塑性加工を行っております。
また、単に高張力鋼板(ハイテン材)の塑性加工だけでなく、スプリングバックなど、各自動車部品製作後の変形や、製作ミスによるタイムロスを無くす為、CAEによる解析を用いたシミュレーションを行ったうえ製作しております。
この工程を行うことで、余分な工程を省き、さらにコストダウンの実現も可能にしました。

 

新規事業 新たな取り組み

弊社では新規事業にも積極的に取り組み、創造力と製造力により新たな未来を目指します。

【ウォータージェットロボットシステム】
金属や石材、プラスチック、複合素材、ガラス、セラミック、ゴムなどのあらゆる素材の切断が可能です。
熱影響が無く対象物の負荷も少なく、高精度で非常に綺麗な切断面に仕上がります。
また、材料削減や生産コストを抑えることも可能です。

弊社では、最新テクノロジーを積極的に導入し、高品質な加工を実現します。

 

金型に求められているモノ

最新鋭のCAD/CAMシステムと加工体制

今日、金型業界において金型製作日程の大幅な短縮が求められています。
弊社では最新鋭のCAD/CAMシステムを導入し、データの一元化と共にダイレクト加工体制を確立することで、高精度で高品質な金型を短納期で製作し、お客様に提供しております。

 

最新鋭のCAD/CAMシステムと加工体制

 

試作品、承っております

 

試作品、承っております

金型の製作とともに、弊社では試作品や設計のご相談も承っております。
他社には負けない技術力を駆使し、自動車部品を中心とした、今までにない『モノづくり』に挑戦します。試作品や設計のみでも対応可能です。
輸送用機器関連部品において試作品や設計をお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。
弊社の技術で新たな製品を創りだします。

 

金型製造工程

1. 製品データの受け取り

新規に開発されたボディのデザインデータ(製品の三次元CADデータ)を自動車メーカーから受け取ります。

   

 

矢印

矢印

 

 

2. 二次元金型設計(技術G)

三次元デザインデータに基づき工程設計(DIE LAYOUT DESIGN)を行ない、さらに二次元CADおよび三次元CADを活用し金型設計を行います。

 

2. 三次元形状モデリング(技術G)

三次元デザインデータと工程設計に基づき、加工前の解析用モデリングおよび金型を実際に機械加工するための形状をモデリングします。

 

矢印

 

矢印

 

3. 三次元ソリッド設計or ソリッド化(技術G)

次の時代を目指し徐々に運用を進めている「図面レス・ミスゼロ・効率的生産」実現のため、現在当社が最も注力している分野です。

 

3. 成形シミュレーション(技術G)

成形性の検討をコンピュータでシミュレート(パネルの亀裂・シワなどを事前に解析)し、改善要素を折り込み、金型を再検討します。

 

矢印

矢印

 

 

4. NCデータ作成(技術G)

NC工作機械を24時間・高精度・高速度・最適条件で切削加工させるため、三次元形状および二次元半(段取・プローフィール)加工用のNCデータをほぼ自動で作成し、製造工程へ供給します。
 

矢印

 

 

NCデータ作成(CAM係)

 

5. 金型機械加工(機械係)

前工程にて作成されたNCデータは、光ファイバにて各NC工作機械に送信され金型の形状面などを24時間体制で加工します。
 

矢印

 

 

金型機械加工(機械係)

 

6. 組付け・仕上げ(仕上係)

部品などの組付けとハンドワークによる面仕上げを行い、プレスでの試し打ちができる状態にします。
 

矢印

 

 

組付け・仕上げ(仕上係)

 

7. トライアウト・測定(仕上係)

仕上がった金型を用いてプレス機で試し打ちし、金型の静的・動的検査を行います。また、プレスされたパネルの精度を検査冶具と測定機を用いて測定し、パネル精度のばらつきを明確にします。
 

矢印

 

 

トライアウト・測定(仕上係)

 

8. 補正・再トライ(全担当者)

トライの結果とお客様からの設計変更要求により、金型改修および品質向上のための補正を行います。
設計・CAM・機械・仕上の各担当者が集まり効果・納期・コストを検討し、方法を決定したうえ、再設計、再機械加工を行います。
 

矢印

 

 

補正・再トライ(全担当者)

 

9. 出荷

弊社が納入した金型でプレスされたボディをもとに、自動車が完成します。

 

出荷

 

お問い合わせ

お問い合わせ TEL:0538-38-5900